« 千代千代イラスト館その3 | トップページ | 千代千代イラスト館その5 »

2005/04/18

千代千代イラスト館その4

千代千代イラスト館の作品の著作権は、
うさぎぃーさんにあります。
「ニャーとニャン」
Illustration by うさぎぃー
050415_0329_001

|

« 千代千代イラスト館その3 | トップページ | 千代千代イラスト館その5 »

コメント

この絵...企業と個人の再生支援パートナーと言う名刺[でたらめ]をちらつかせて来た...面識が一度有ったので安心して,原画のコピーでは無くて原画を渡したら[;0;]スポンサーが見つかったぞ~♪って一度電話があったきり,こちらから掛けても留守電か居留守,,,警察にも連絡入れましたが、もう足掛け4年になります。金色や銀色を使用したりで材料代もかかってます。泣きたくなる位の思いが有ります。おまけに亡き親友の為に4年がかりで作った追悼歌も有りましたが....カラオケでどんなに歌が上手くったって!歌手なんかになれないからなっ!て....歌手になれなくても想いはね[;v;]遥か天空まで届いたから悔いは,有りませんが....どうか皆様も詐欺行為には,ご注意下さい!

投稿: 千代千代うさぎー[;0;][;x;] | 2008/03/24 16:33

たー坊こと青山さん...まさかこんなに早く...フォーリーブスのお名前や活動を存じていらっしゃるのは、私よりももっと上の年代の方々でしょうが...ご本人の強い願い&四人の深い絆が、最高の奇跡[四人揃って、再結成を実現させて再度歌う事が出来ました事]をもたらしたと私事ながら痛感致しております[;-;]私の妹みたいに可愛がっていた友人が...死期が迫っていたのも知らずに蝶よ華よ?!と駆け巡って居た頃...雪の降る日に[ちよ美さん♪歌歌いに行こう♪♪今、新宿...」たまたま私が、ホワイト☆ラブが好きで高音だからちよ美さんにに合うから歌って欲しい!って何回チャレンジしても覚えられなくて叱られていましたのが...最後の思い出になってしまいました[涙]あんまり上手じゃ無いからその子は、ボイストレーニングをしていたって...お墓参りの時に遺族の方にお話をしたら...どうしても私に覚えて歌って欲しかったみたいで...歌い終わった後に屈み込んで胸を押さえていたから...変だなって思って居たけれど[;-;]天使の歌声?!透明感の有る透き通った今までに聴いた事も無い歌声に感銘を受けてただただ涙で拍手していたカラオケボックスの思い出が甦って参りました。その後、墓前で幻をみてメロデイーが浮かびカセットに録音して何年も掛かって詩を起こしました。遺族の方も喜んで下さって...私の場合は、自己満足の域でしたが...それぐらいな事で遺族の方に励みを与えられたって事は...中途半端で自己満足だ!スポンサーが就くって事は?どうゆう事か解かって居るのかっ?色眼鏡で嫌らしく近寄って来る方々は、こちらからキッパリとお断り!ですからノビノビ生き生きです。[^-^];

投稿: 千代千代うさぎー | 2009/02/02 23:01

改めて...人生...捨てたもんじゃ無い!区の健康診断で尿に蛋白&潜血がちょびっと出て居たのですが[^-^];今日、脳のMRI検査を受けてスッキリしました♪やはり細かい血管が破けてくっ付いた形跡がみられましたが...それは、過去の事!これからは、国民年金も10年間の履歴が不明になっていたみたいなのですが社会保険庁に連絡して年金記録が戻ってきてますし!資料も確認済みでずっと支払って来てますし[;-;]もし今度...パワハラやセクハラでストレスに陥って高度な障害になっても[@0@];障害保障って制度が国で保障されるみたいなんですよ!私の場合は、今は症状無し♪もらっとけば良かったな~☆なんて欲の皮突っ張らせないで...去年の夏...某所で素敵な方々の暖かな知的で素朴な空気の中...得たもの[^0^];うれし涙溢れて止まらなかった...いじめをバネにして素敵に輝いていた白いパンツスーツ姿で涙堪えてても流れてた素敵な神奈川の歌い手さん♪亡くなった妹分がその頃の姿で現われたかと思って感激しました。やっぱりその子...素敵でした!素敵な人間て良いですね☆私も素敵になりたいな[^-^];あの時は、お騒がせ致しました。

投稿: 千代千代うさぎー | 2009/02/05 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51340/3750042

この記事へのトラックバック一覧です: 千代千代イラスト館その4:

« 千代千代イラスト館その3 | トップページ | 千代千代イラスト館その5 »